税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として

税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として
Mikatus公式ブログ

税理士の平均的な給料を把握することの大切さ

カテゴリー: 税理士

税理士の平均的な給料はどのくらいなのでしょうか。

54 640

税理士の気になる給料事情について

税理士の資格を持っている方が、税理士の資格を活かせる仕事がしたいと思った時に気になることのひとつが給料面ではないでしょうか。
事業主として、税理士事務所を立ち上げるならともかく、雇用されて税理士として働く以上、やはりできるだけ給与が高い方がいいと思うことでしょう。
仕事を探す際に、大きな基準となる給料ですが、果たして税理士の平均年収はどのくらいなのでしょうか。
一般的なサラリーマンと比べると比較的給料は高い傾向にあるようです。

サラリーマンと税理士の平均年収を比較

一般的なサラリーマンの場合、平均年収は400万円程度と言われています。
もちろん、もっと高い年収の人もいれば、低い年収の人もいますが、税理士の場合はこの平均よりも多くもらっている人が多くなっています。
厚生労働省のデータによると、平成25年度の税理士、公認会計士の平均年収は713万円でした。
やはり料金は高い傾向にあることがわかります。
これから税理士として仕事をしようと思っている方は、この平均年収を参考にして探していくと良いでしょう。

平均年収と事業者数との関係性を知ろう

平均年収が713万円というのはあくまでも平均であり、事業者数の人数によって年収に開きがあります。
もっとも年収が高いのが事業者数100人から900人までで、平均年収が713万円である一方、10人から99人の場合は632万円となっています。
632万円であるならば一般的なサラリーマンよりも高いということになります。
給料の高い職場で働きたい場合には、事業者数にも注目して探すことが大切ということが分かります。

税理士の平均年収を知ることの大切さ

税理士の平均年収は、事業主がしっかり把握しておく必要もあります。
なぜなら平均年収を知ることで、より良い人材を確保できる可能性が高くなるからです。
もし優秀な税理士を増やしたいと思うなら、それなりの給料を提示して人材を募集する必要があるでしょう。
経験豊富な税理士の場合、転職を考えていたとしても給料が低いところには行きたくないと思うものです。
ですので、事業主は給料をいくらにするか?を慎重に考えることが大切です。

税理士の平均的な給料を知ることで、仕事を探しやすくなるだけでなく、個人事業主が従業員の給料を設定する際の参考にもできます。
事業主の役割のひとつが、従業員が満足して働ける環境を作ることです。
給料という雇用される側にとって重要な問題をしっかり考慮していきましょう。

[コストを下げて手取りアップ!?税理士向け A-SaaS クラウド税務・会計・給与システムはこちらから!]

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。