税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として

税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として
Mikatus公式ブログ

「いい税理士」をお招きしてお話を聞きました(大竹 朗先生)

カテゴリー: いい税理士, 社長日記

こんにちは。
A-SaaS(エーサース)社長の田中です。

私には悩みがあります。
それは、
「私たちA-SaaS(エーサース)は、お客様である税理士さんのことをどれだけわかっているんだろう」
ということです。
私たちはこれまで一生懸命、税務申告システム、会計システム、給与計算システムを開発してきましたが、これから先はそれだけでは私たちのミッションを果たせないと感じています。

税理士さんは、事務所を経営するうえでどんな悩みを抱えているんだろう。
税理士さんは、顧問先(税理士さんのお客さんである中小企業)にどんな価値を提供しているんだろう、提供したいと思ってるんだろう。
税理士さんは、今後の業界の動向についてどのように考えているんだろう。

お客様である税理士さんのことを理解しなければ、私たちのミッションである「税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として」を果たすことはできません。

私自身はもちろん、当社の全社員が税理士さんのことをもっと深く知るためにはどうしたらよいのだろうかと、ここ最近ずっと考えていました。

そんな折、私たちのお客様である静岡市の税理士法人 葵ファーストの大竹 朗先生が「A-SaaS(エーサース)の会社の雰囲気を見たい」とのことで来社されることになりました。そこで私は、先生にお願いして、当社の社員全員が参加するパネルディスカッションを開催させていただき、大竹先生が事務所経営や顧問先への価値提供についてどのように考えてらっしゃるのか、お聞きすることにしました。

先生がおっしゃっていたことを私なりにまとめると次のようになります。

<事務所の経営面>

・顧問料が低下傾向にある。事務所として売上の減少をどうやってカバーしていくかが課題。事務所の業務効率を上げる必要もあるし、顧問先への付加価値を上げることも重要。だが、顧問料を上げるのは難しい。現状維持が精一杯だろう。

・事務所としての組織力をどうやって上げていくかが課題。事務所職員の教育、育成、採用にもっと注力して、事務所全体の力を上げていく必要がある。知識やスキルも大事だが、コミュニケーション能力やプレッシャーに負けない強さなど、人間力を上げていくことも重要。税理士はサービス業(客商売)である。

・顧問先に付加価値を提供するためにも、事務所内での作業を平準化したり、効率化して、そのための時間を創らないといけない。業務効率を上げることによりコスト削減ができるとともに、空いた時間で次のレベルの仕事ができるようになり、職員の成長が早くなる。

 

<顧問先への価値提供について>

・顧問先に提供していくべきサービスは、税務の分野にとどまらない。顧問先のニーズとして多いのは「いかに事業を成長させていくか」「いかに業務効率を上げていくか」「経理や総務などの事務作業を代行してくれないか」など。つまり、どうやって売上を上げていくか、どうやってコストを下げていくか、どうやって利益を創っていくか、ここに集約される。税理士もこうしたニーズに応えていかなければならない。

・税理士(事務所の職員も含む)は実績の数字だけを見て「前期と比べてこうなった」とか「先月よりこうなってる」という報告をするだけでは価値がない。数字が変化した要因を紐解き、それについて顧問先と議論できるように努めている。そのためには顧問先の事業、業界、経営についての知識をある程度身につける必要がある。

・顧問先の経営計画、予実管理、資金管理、納税予測などについて関与していくことが重要。その点の議論をすることで顧問先の社長との関係が深くなっていくし、顧問先の本質的なニーズに切り込んでいくことができるようになる。事務所としては、自分をはじめとする税理士だけでなく、職員にもこの役割を期待したい。

・社長は、潜在的に”自分のこと(自分の会社のこと)を知ってもらいたい”という要望を抱えている。それを叶えるには、数字だけでなく顧問先の事業内容についてもっとわかろうとすべきであり、事業計画を作成する際は、会計事務所が一方的に数字を作成するのではなく、社長と話をしながら作成していくべきである。これは会計事務所にとっては、顧問先の内容を知ったり、社長とコミュニケーションをとるチャンスでもある。

・顧問先の社長個人のライフプランや資金計画を、顧問先の事業計画や事業の資金計画といっしょに議論できると、よりその顧問先に深く関与できる。事業と社長のお金を一緒に考えてあげるべき。

・自分が知らないことは顧問先にも勧められない。保険の活用や業務の効率化を顧問先に提案するためには、税理士自ら保険に加入したり、事務所の業務効率化を進めなければいけない。税理士が無知なばかりに自信を持って勧められず、顧問先が不要な保険に加入してしまい、そのせいで顧問先の経営が悪化してしまうこともある。顧問先の経営について真剣に考え、そのために常に様々なことを学ぶ姿勢が重要である。

 

私が当社の社長に就任して1年半が経ちましたが、これまで数多くの税理士さんにお会いしてきました。
そして、私がお会いした先生の中には「あぁ、こんな税理士さんに伴走してもらえる中小企業は幸せだな」「こんな税理士さんが世の中にたくさん増えたら日本はもっとよくなるんだろうな」と感じた先生方がたくさんいらっしゃいました。

 

 

これが私たちのミッションです。
このミッションを果たすためには、もっともっと世の中の「いい税理士」のことを知らなければならないと感じています。世の中の「いい税理士」を支え、「いい税理士」を世の中に増やすためのお手伝いをするためには、もっともっと「いい税理士」のことを知る必要があるし、その先にいる顧問先のことも知らなければならないと思います。

大竹先生にはパネルディスカッションの最後に、以下のように当社に対してエールをいただきました。

「A-SaaS(エーサース)は会社の理念がいいから使っている。事務所では他社のシステムも併用しているが、職員にはどんどんA-SaaSを使うように言っている。上からで恐縮だが、ぜひ私が納得するようなサービスを創っていってほしい。期待しています。」

大竹先生、
あなたのような「いい税理士」をきちんと支えられるよう、A-SaaS(エーサース)はがんばります。期待していてください。

田中

 

”「いい税理士」シリーズ ” の他の記事はこちら

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。