税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として

税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として
Mikatus公式ブログ

いよいよ新製品の開発が本格化!
「キャッシュ・イズ・キング」で「いい税理士」を支える! 

カテゴリー: いい税理士, 社長日記

こんにちは。
エーサース社長の田中です。

ようやくみなさんにこのお話をさせていただけることを本当にうれしく思います!

 

「キャッシュ・イズ・キング」

 

わたしたちエーサースが、「いい税理士」を支えるために開発を進めている新製品の名称です。

 

端的に言うと、このキャッシュ・イズ・キングは、以下の2つを実現する製品です。

・ボタン一つで、顧問先(中小企業)の今後の現金の推移を予測する
・現金の将来予測をもとに、会計事務所と顧問先(中小企業)の両者で、会社の現金を増やすための打ち手について検討する

 

キャッシュ・イズ・キングを使えば、中小企業の将来のキャッシュの推移が一目でわかります。
中小企業経営者は日々事業運営に忙しく、今から半年後、1年後に自社のおカネが増えているのか、減っているのか、実はよくわかっていません。
売上や費用といった損益はある程度認識していても、税金の支払いや借入の返済といった、損益以外の資金の出入りが頭から抜け落ちていることがよくあるからです。

 

ミカタスが提供するキャッシュ・イズ・キングの画面イメージキャッシュ・イズ・キングの画面イメージ

 

キャッシュ・イズ・キングはその名の通り、損益ではなく、会社の現金の動きを捉えることを目的としています。
中小企業経営者にとって大切なのは、損益ではなく、現金そのものです。
現金がこの先増えていくのか、減っていくのか。それはどのくらいの額なのか。
これらを社長の感覚ではなく、より現実に近い、リアルな数字で経営者に把握してもらう。
それこそが、この新製品が中小企業に提供する最大の価値の一つです。

 

さらに、キャッシュ・イズ・キングでは、将来の現金の動きの予測をもとに、会社として今後取るべき打ち手について検討することができます。
会社の将来のおカネが増える予測なのであれば、もっと増やすためにやれることがないか。
半年後におカネが底をついてしまいそうであれば、どんな施策を検討すべきなのか。
そういった打ち手を、会計事務所と中小企業経営者がいっしょに考えていく。
これがこの新製品のもう一つの価値です。

 

ミカタスのビジョンは(税理士・会計事務所を)支える(いい税理士・会計事務所の認知を)広げる(税理士・会計事務所と中小企業を)繋ぐをキーワードに掲げていますエーサースのビジョン

 

これまでの当社エーサースは、クラウド税務・会計・給与システムの会社でした。
しかし、これからのエーサースは、「いい税理士をあたりまえに」というわたしたちの新しいビジョンを実現すべく、「いい税理士」さんが中小企業の経営を支えるための製品やサービスをどんどん展開していきたいと思っています。
(以前の社長日記 「いい税理士をあたりまえに」 新ビジョン完成! はこちら

 

そしてこのキャッシュ・イズ・キングは、その契機となる製品であり、わたしたちのビジョン実現のためのフラッグシップ、象徴的な製品になると考えています。

 

ミカタスが開催したいい税理士座談会の様子「いい税理士」座談会の様子

 

先日、愛知県豊橋市で開催した「いい税理士」座談会の席で、一部のお客様にキャッシュ・イズ・キングの試作品が実際に動くところをご覧いただきました。
その場に参加いただいたすべての税理士さんから「これはいいよ!」と感嘆の声が上がり、わたしたちも大きな手ごたえを感じています。

 

この新製品を開発するために、わたしたちは多くの税理士さんや中小企業経営者にお話をうかがいながら、1年以上かけて構想を練り上げ、今年に入ってようやく本格的な開発に漕ぎつけました。
そして、いよいよ今年の夏から秋にかけて、日本全国の「いい税理士」さん、そして「いい税理士」を志すみなさんにお届けできる予定です。

 

それまでの間、このキャッシュ・イズ・キングを開発するに至った経緯や開発の苦労話等を綴った「キャッシュ・イズ・キング開発日記」をお読みいただきながら、今しばらくお待ちいただければと思います。
(キャッシュ・イズ・キング開発日記はこちら!)

 

全国の会計事務所のみなさまが、キャッシュ・イズ・キングを使ってより多くの中小企業の経営に寄り添っていらっしゃる姿に、そして、みなさまと中小企業経営者が共に喜んでいらっしゃる姿に想いを馳せながら、全力で開発に取り組んでまいります。

 

田中

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。