税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として

税理士のみなさまにとって、なくてはならない存在として
Mikatus公式ブログ

ゲンコツ1つでやってきた社長が経営計画を作るまで。

カテゴリー: いい税理士

田中:野末先生の顧問先さんの事例を教えてください。

野末:地元を中心に、給食や仕出弁当を提供している製造業さんの事例です。定期的に経営会議の場を設けることで、一緒に経営課題の解決に取り組みました。

事例の概要
主な成果 前期比1%の原価率(材料費)の改善、前期比10%の光熱費の削減
取り組んだこと ① 定期的な経営改善会議の実施
② 経営計画書の作成(現在継続中)
業種 製造業
売上規模 5千万~1億円未満
従業員規模 11人~30人
顧問先との取引年数 5年以上10年未満

 

社長が耳にしたくないことも言う、そのための経営会議

田中:その経営課題というのは、もともと社長さんが明確に抱えていらっしゃったのですか?

野末:いえ、最初から経営課題が明確だったわけではありません。会社をもっとよくしたいというご相談をいただいた際に、まずは社長と奥様と私の3人で、私の事務所で定期的に経営改善会議を行うことを提案しました。「経営改善会議」という名の「場」を設けることで、社長は色々と話をしたくなるのです。

例えば、「社員同士の仲が悪いんだ」と社長がおっしゃる。しかし、さらにお話を伺って掘り下げていくと、実は「社長と社員の仲があまりよくない」ことが、会社の雰囲気を悪くしている原因ではないか、ということがみえてきました。

田中:「社長と社員の仲がよくない」ということを、先生は社長に直接ご指摘されたのですか?

野末:はい。「もしかしたら、社長ご自身が上手く社員の方とコミュニケーションを取れていないのではないですか?」と指摘しました。社長は耳まで真っ赤にされて、かなり不機嫌なご様子でした。しかし、たとえ社長が耳にしたくないようなことでも、しっかりとお伝えするようにしています。そのために、わざわざ事務所にまで来ていただいていますので。

 経営課題の解決ポイントは「聞き役」に徹すること

田中:「経営改善会議」という「場」を、経営課題の解決につなげる秘訣はあるのでしょうか?

野末:そうですね。最初はとにかく「聞き役」に徹することです。なるべく社長と奥様に話をしてもらって、経営に関する意見を多く出してもらうようにします。コミュニケーションを密にしていただくことが特に重要です。

私自身は、お二人の話の中から気になる点をとにかくノートに書き出していきます。お帰りになる際に、そのノートをコピーしてお渡しします。「これを次回までに改善してきてくださいね」と。毎回のように宿題を出すわけです。

田中:宿題ですか?やってきてくれるものですか?

野末:わりとやっていただけますよ。ノートに書かれているのは、社長と奥さんがおっしゃったことなので。自分たちが「やらなくてはいけない」と感じていることですし。

会議の中で出てきた課題と改善策をノートにまとめる。ノートをコピーして宿題としてお渡しする。次回の会議で進捗を確認したり、新たに出てきた問題について考える。そういったことの繰り返しによって、経営改善が進んでいきます。

 社長の「会社をこうしたい」という想いに寄り添う

田中:この経営改善会議を始めたのはいつからですか?

野末:2年前くらいからですね。時間をかけながら、改善が少しずつ進んでいく中で、社長自身が「会社をこうしていきたい」という話をしてくれるようになりました。

そうなってきたら、私の事務所で作っている経営計画(注 野末事務所の経営計画書は全10ページで構成されており、その内容は経営理念や行動指針に留まらず、「社員の未来像」や「事業(商品・サービス)未来像」といった範囲にまで及ぶ)を見せて、「このような経営計画書を一緒に作っていきいませんか?」と話をしています。「会社の目指すものが明確になって、日々の道しるべになりますよ」と。

田中:こちらの顧問先さんには経営計画がずっとなかったのですか?

野末:ありませんでした。創業された昭和50年からずっと。「ゲンコツ1つでやってきた」という風におっしゃる方で、ビジョンや理念的なものは考えたことがなかったそうです。

田中:その経営者さんが、この野末先生の事務所のような、ここまでの理念や経営計画を作ることができますかね?

野末:ここまでのものは無理でしょうし、必要ないとお伝えしています。社長の中に見えてきた「会社をこうしていきたい」という最初の想いを肉付けしていけばよい、とお話ししています。社長も「それくらいなら」という感じで前へ進んでもらっています。

確定申告よりも大切なものは何か?

田中:野末先生が、税務だけではなく、顧問先の経営にまで踏み込んでサポートしようと思われたきっかけは何だったのですか?

野末:開業して2年ほど経ったころに、ある経営者の方から「融資相談に乗ってほしい」という依頼を受けました。その方には顧問税理士さんが別にいらっしゃったのですが、その方に相談したところ「確定申告で忙しいから後にしてくれ」と言われて、私を頼って来られたそうです。

私自身も確定申告で忙しかったのですが、話を聞いてみると、「社員が30名もいるような会社で半年後には資金ショートしてしまう。倒産して社員やその家族に迷惑をかけるようなことはしたくない」とのことでした。

その方については、追加融資を取り付けて事なきを得ましたが、その時に強く感じたことがあります。

「忙しいから、などという理由で経営者の相談を袖にするようなことがあってはならない」
「そのためには、いつでも相談を受けられるようにしないといけない」
「確定申告という作業、それこそ税務の仕事ではなくて、お客様が本当に必要としていることに力を注がなければならない」

自分が税理士として中小企業をサポートしていく中で、そこはぶれてはいけないと。

だから、私の事務所の理念には、「中小企業を健全かつ安定経営に導く」を使命として明記しています。確定申告病に陥らないように作りました。ぶれないでやっていきたいと思っています。

田中:そこまで踏み込んで経営に寄り添っているお客様はどれくらいいらっしゃいますか?

野末:今は1割か2割くらいのお客様に提供しています。今後、増やしていきたいという想いはあります。経営計画とキャッシュ・イズ・キング(注 エーサースが秋にリリースを計画をしている、「いい税理士」を支えるための新製品)を合わせて提供できるといいかもしれませんね。

田中:それはぜひ!

野末先生のお話を聞いて【取材後記】 

自らは「聞き役」に徹し、経営者とその奥様から様々な経営課題に関する意見を出してもらう。それをノートにまとめて宿題として渡すだけ。野末先生はさらっとおっしゃっていましたが、そんなに簡単なことではないと思います。

特に中小企業の社長さんには、自分の考えていることや思っていることを言葉にするのが苦手な人も少なくありません。ただ「意見を出してください」とお願いしてもポンポンと出てくるわけではないと思います。社長さんや奥様がどうしたら意見を言いやすいか、どのようにノートに書き留めたら宿題に取り組んでもらえるか、そこまで顧問先のことを考えて経営改善に取り組まれたのではないでしょうか。

野末先生のような「いい税理士」さんに、伴走してもらえる中小企業が増えていくことを願っています。

 

A-SaaSでは税理士業務に役立つ情報・ツールを提供しています。